コーヒー通信
トップページ < コーヒー通信 < コーヒー豆の焙煎度合について

コーヒーの焙煎度合について

澤井珈琲ではプロの焙煎士によって、その豆に最適な焙煎度合をお選びしております。

煎りが浅いほど酸味が増し、深いほど苦味が増します。

ライト・シナモンロースト

ライト・シナモンロースト:極浅煎り

共に生豆の青臭さが残っているので
当店ではこの焙煎は行っておりません。

ミディアムロースト

ミディアムロースト:中浅煎り

アメリカンコーヒー

ハイロースロ

ハイロースロ:中煎り

レギュラーコーヒー

シティロースト

シティロースト:中深煎り

レギュラーコーヒー

フレンチロースト

フレンチロースト:深煎り

ミルク等を使うアレンジコーヒー

イタリアンロースト

イタリアンロースト:極深煎り

エスプレッソ

アイスコーヒーロースト:極深煎り

アイスコーヒー

ページの先頭へ